一日食品衛生監視員体験が熊本農業高校で開催されました

8月2日、熊本農業高校にて「パティシエ気分で学ぶ食品衛生教室」と題し、一日食品衛生監視員体験が実施されました。

小学生とその保護者、熊本農業高校食品工業科の生徒さんが、マドレーヌづくりを通して、食品衛生や食中毒予防に関する

知識を学ぶ、毎年行われているイベントです。

今回の参加者は小学生25名、保護者19名と大変多くの参加となりました。

マドレーヌの作り方と食品衛生のポイント説明、表示、グリッターバグを使った手洗いトレーニング、

マドレーヌ製造体験、食品衛生クイズ等、盛りだくさんの内容で、皆さん真剣な表情の中にも親子で

楽しくマドレーヌを作っていました。

食品工業科の生徒さんは、小学生への指導を通じて食品衛生監視員の業務の一端を体験し、食品衛生の重要さを

学んでいる様子で、今後の勉学に役立ててほしいものです。

 

2018年08月06日