第59回(公社)日本食品衛生協会九州ブロック大会が熊本県で開催されました

5月16日、第59回(公社)日本食品衛生協会九州ブロック大会が熊本産業展示場グランメッセ熊本で開催されました。

(一社)熊本県食品衛生協会会長二階堂輝男による開会の言葉から始まり、下記の表彰式が執り行われました。

 ①平成30年度厚生労働省医薬・生活衛生局長表彰(九州ブロック)

 ②日本食品衛生協会九州ブロック連絡協議会会長感謝状授与式

 ③「あんしんフード君」制度発足10周年記念感謝状授与式

来賓祝辞が披露され、その後、(公社)日本食品衛生協会公益事業部長鶴身和彦氏による特別講演(演題「HACCPの

制度化と日本食品衛生協会の取り組み」)があり、会場の指導員の皆様は熱心に聞き入っている様子でした。

その後、二名の指導員体験発表があり、続いて大会スローガンが採択、次期開催県である北九州市の指導員の皆様の

ご挨拶が終了後、大会閉会となりました。

大会参加者数約1,400名と、非常に多くの指導員の皆様にご参加いただき、大変活気ある大会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

  

        

                                      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




2018年05月17日