※※【重要】消防法令の改正により小規模な飲食店にも消火器具の設置が必要となります※※

平成28年12月22日に発生しました新潟県糸魚川市における大規模な火災を受けて、消防法令が改正されました。

今回の改正により、小規模な飲食店にも2019年(平成31年)10月1日からは、消火器具の設置が必要となります。

 

【改正前】(2019年(平成31年)9月30日まで)

  〇延べ面積が150平方メートル以上の飲食店

       ↓

【改正後】(2019年(平成31年)10月1日から)

  次のいずれかに該当する飲食店は消火器具の設置が必要となります。

  ⑴火を使用する設備又は器具のある飲食店

   規模にかかわりなく設置が必要となります。

   ただし、火を使用する設備又は器具に「防火上有効な措置」が講じられていれば必要ありません。

  ⑵延べ面積が150平方メートル以上の飲食店

 

参考リーフレット(小規模飲食店) PDFファイル(382キロバイト)

 

その他、詳しい内容はこちらの熊本市(消防局)のサイトよりご確認ください。

 

 

 

 

2018年06月11日