(公社)日本食品衛生協会九州ブロック大会が開催されました

5月12日(金)、九州ブロック大会(鹿児島市 鹿児島市民文化ホール)が開催され、事務局をはじめ、各組合の指導員が出席いたしました。
鹿児島県食品衛生協会会長の挨拶からはじまり、来賓の三反園訓鹿児島県知事の祝辞、厚生労働省の担当者による特別講演
(一般衛生管理、HACCPを着実に実施するための制度の検討状況について)、食品衛生指導員の体験発表が催されました。
議事では(公社)日本食品衛生協会平成29年度事業概要説明があり、次の大会スローガンが採択されました。

○「食の安心・安全」を堅持し、食品衛生指導員の強化を図ろう
○HACCP導入を推進し、食品事故ゼロを目指そう
○洗う手で きちんとできる おもてなし
○お客様と会員を守る「あんしんフード君」への加入を推進しよう

来年度は熊本県にて開催されますので、次年度開催地挨拶として二階堂熊本県食品衛生協会会長が挨拶を行い、各支部の指導員が
壇上より挨拶を行いました。
大会の様子を掲載します。






































2017年05月16日